プロの品質とプロの価格 業務スーパー

  • 会社案内
  • IR情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • En
  • 中文

安全安心への取り組み

たいやき
たいやき

食品業として日本最大の製販一体企業
神戸物産の考え方

食の不安が高まる中、お客様に『安全安心』な食品をお届けすることが、食品業を営む神戸物産の社会的責任です。
『安全安心』な商品をお客様にお届けする為に、弊社が取引を行っている製造工場は、『安全安心』な商品が提供可能な製造工場を選定し、適宜視察を行い、生産体制に不備がないか、商品不良につながる問題点がないかについて指導を行っております。
ここでは、自信のある神戸物産の品質管理の一例をご紹介いたします。

安全安心の4つのポイント


Point1 商品開発時から品質を管理

過去の事例や問題などからあらゆるリスクを想定し、独自の安全基準を設けています。全ての基準をクリアしたものだけが商品化されます。商品開発の際には、現地で商品をチェックし、生産体制に不備がないか、商品不良につながる問題点がないか開発段階での品質管理を徹底しています。

Point2 日本の行政指導の厳しい検査をクリア

海外から日本の港に着いた商品は、厚生労働省や農林水産省の指導する食品衛生検査、残留農薬検査、動物検疫、植物防疫などの審査や検査をクリアしたものだけが輸入されます。

  • 食品衛生法に規定される製造基準に適合しているか。
  • 添加物の使用基準は適切であるか。
  • 有毒有害物質が含まれていないか。
Point3 業務スーパー独自検査体制

神戸物産では独自に全コンテナからランダムに商品の抜き取りを行い、専門スタッフによる目視検査、重量検査、官能検査を実施しています。
また、社内に品質管理室を設け、必要に応じて商品設計に合わせた検査(理化学検査や微生物検査等)を実施し、客観的データに基づいて商品の安全性を確認しています。
専門スタッフによるこれらの検査に合格した商品のみ販売されます。
※官能検査とは…実際に商品を食して、人間の感覚器官(味覚・嗅覚・視覚など)で商品を評価する品質検査です。

Point4 継続的な商品検証

商品の販売後も、継続的に商品の試食などの商品検証を実施し、品質が保持されているかチェックしています。また、お客様相談室に寄せられたお客様からのご意見を参考に、商品検証を実施する事で、お客様のお声を商品の開発や改善につなげ、お客様に安心してお召し上がりいただける安全な食品をお届けするように日々取り組んでおります。