プロの品質とプロの価格 業務スーパー

  • 会社案内
  • IR情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • En
  • 中文

業務スーパーの特長

商品の差別化


生鮮食品は扱いませんので、肉、魚、野菜等を扱うための人件費も必要ではありませんし、日替り奉仕品も有りませんので毎日の商品の入替えによる、 人件費も必要ではありません。業務スーパーは、入荷した商品を、マニュアル通りに店内に陳列し、レジを打つだけですので、スーパーの経験も全く必要ではありません。 正社員2人とパート・アルバイトだけで運営できます。その為、同じ売上の食品スーパーの半分程度の人件費で済みます。(キャッシュ・アンド・キャリーのコンビニ化)

ロスがほとんど有りません。


生鮮食品は扱いませんので、毎日の売上げ変化、売上げ減少による、ロスはほとんど有りません。 (小売業の生鮮三品の取り扱い量は、生活習慣と食生活の変化により10年間に30%以上減っており、今後、増々減り続けていくと思われます。)

設備投資が食品スーパーの半分以下で済みます。


生鮮食品は扱いませんので、設備投資も同じ面積の食品スーパーの半分以下で済みます。(世界的に店舗の設備投資を低くおさえる事が、勝ち組の条件となっております。)

目的買いのお客様が多い為利益が確保できます。


特売品目的のお客様ではなく、調理目的(メニュー)の決まっていらっしゃるお客様が多い為利益が確保できます。

毎日、現金収入が有ります。


業務用卸しは掛売りが普通ですが、業務スーパーは現金販売の為、毎日、現金収入が有ります。(ローリスクによりローリターンの販売ができます。)

お客様とのトラブルも少なく新商品の販売も容易にできます。


業務用卸しの場合、配達コストが非常に高くなり、安く販売する事は難しくなりますが、業務スーパーの場合は、レジを通すだけですので、 配達よりも安く販売する事ができますし、お客様の目で見て買われるので、お客様とのトラブルも少なく新商品の販売も容易にできます。

(一般的な業務用卸し) 販売業者⇒注文を聞く⇒配達・納品書⇒請求書⇒集金・現金
(業務スーパー) 業務スーパー⇒レジ・現金

利益幅が確保されます。


調理のプロの方が多いので、品質が良く、安ければ、ナショナルブランドの商品でなくてもよく売れます。 その為、中、小メーカーからの直納品が多く売れ、利益幅も確保されます。

客数に対しての売上が大きくなります。


一つ一つの商品の規格が大きい為、客単価が高くなり、客数に対しての売上も大きくなります。

広告費がほとんど必要有りません。


外食、中食等の調理プロの方か、家族の人数が多い方がお客様の中心ですので、割安な良い商品を常に販売していれば、業務用スーパーの店も少ない為、 固定客になり易く、その為、広告費もほとんど必要有りません。