プロの品質とプロの価格 業務スーパー

  • 会社案内
  • IR情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • En
  • 中文

他社との相違点

相手を儲けさせれば、継続性ができ、好循環が生まれ、スケールアップにつながり、将来大きなメーカー利益となるコストSCM論理の会社であること。
流通のSCMだけでなく、300以上の食品工場を管理統一するメーカーとしての技術力と食品加工貿易を得意とする、品質管理第一のメーカー論理SCMのできる会社であること。
メーカーとして独自の商品を持ち、商品販売の営業等の経費も無く、WEBによる受注・発注により、リアルタイムに世界中と食品加工貿易会社として情報の共有化ができるメリットのある会社であること。
協賛金を後で取るような契約違反的なことは固より、誰が損をしても、非効率的な事をさせても、無駄があっても、「利益の好循環が止まる」という論理のもと、納品業者様・加盟店様の多くが増収増益であること。
創業以来増収し続け、黒字経営であること。
国外・海外のすべての会社で、インフレ時代の損益計算書・貸借対照表重視の経営ではなく、適正な減損処理が出来ているキャッシュフロー重視の管理会計の会社であること。